病院の規模により身につくスキルの差について

看護師とは、保健師助産師看護師法で書かれている事は、「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいいます。
(最終改正:平成二一年七月一五日法律第七八号)

つまり、医師が患者を診察する際の補助、病気や障害を持つ人々の日常生活における援助及び疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育です。

(※1)大きな病院では診療放射線技師や薬剤師など様々な職種の人がいますが、小さな病院では、医師の指示で看護師がやる場合もあります。
例えば、大きな病院では診療放射線技師がいますが、小さな病院でいない場合もあります。

小さな病院では、医師の指示のもとで看護師がレントゲン撮影をする場合があります。

小さな病院で働く看護師のメリットは、色々な知識を得る事ができる事です。例えば介護施設などに転職して、働くとします。

寝たきりの人が寝ているのか、それとも脳血管疾患になって横になっている恐れがあるかもしれないと、早期発見をして医師に報告する事ができます。
それは、色々な病院を転職して知識を得られた結果だと思います。

もちろんその報告ができるのは色々なケースに当たったからだと考えられます。

小さな病院の私が考えるデメリットは、多忙であるという事です。

大きな病院が決して暇という事を言っている訳ではありません。

それでは、大きな病院のメリットは、集中してより専門的に今働いている分野の看護に従事する事ができるということです。

注射をする人は、注射専門にするという事です。
各部門に別れているので、より専門的に学びながらその組織の歯車を大切にする事が大事になってくると思います。

デメリットは、介護施設といった診療科目で縛られない該博な知識を必要とした職場で働く場合、様々な診療科目で働いてきた看護師とそうでない看護師とでは、看護知識の幅や深さ、技術の差が生じます。

無論、小さな病院であっても異なった診療科目で多岐にわたる経験を積む事も大事だと思いますし、大きな病院でもあっても様々な科で経験を積んで、知識と技術を磨けば、ややマルチに看護をしていくのが可能ではないかと考えます。

(※1上記の事はウィキペディアから引用させてもらいました。)

(看護師として勤務経験のある方から頂いた記事です)

当サイト人気の記事です↓

看護師転職、看護師バイト探し便利な転職サイト

★看護師短期・単発バイト探しなら★

MCナースネット

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

看護師バイトにも強いのが特徴。転職から派遣まで幅広くその時のライフスタイルに合わせて求人紹介をしてくれます。
単発バイトにも強いので、1日だけ働きたい、都合の良い日だけ働きたい看護師さんは特に便利です。
全国対応

★看護師転職なら★

マイナビ看護師

マイナビ看護師

全国の看護師さんの転職をサポート、業界トップクラスの看護師求人数
急性期、慢性期、クリニック、訪問看護、介護施設、企業の看護師求人など。離職率の低さにこだわって転職先を紹介。利用者満足度は非常に高いです。
全国対応

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ