新卒看護師の病院選びについて

私が考える新卒看護師の病院の選び方について書こうと思います。

まずご自身が学んできた看護学や実習を振り返って、自分がどの看護分野に向いているかを分析してみます。

向いている分野が例えば、精神科ならその道を究めても良いでしょう。
精神科看護は特に人間関係が難しいです。

アサーティブ(アサーティブとは自分も相手も大切にした誠実で率直で対等なコミュニケーションの方法)関連の本を読み、交流分析(人格と個人の成長と変化における体系的な心理療法の理論である。略してTAともいう)の本も読むと職場に生かせると良いでしょう。

実際、私は交流分析2級の講習を受けに行った事があります。

自分の性格の傾向や自分の人間関係性を知る事は、特に看護職には必要でしょう。
自分のセルフコントロールにもなります。精神科に関わらず、一つの科を決めてその道をのぼりつめていく事も良い事でしょう。

あるいは、どの科が定まらなくて、色々な科にまわってみたいと思うならば、様々な科がある病院へ行かれる事をお勧めします。

例えば、公務員関連の病院へ働く事もお給料も一般病院より高めですし、良いことだと思います。

しかし、給料が高めな分、仕事も厳しい場合もあるでしょう。
また規則も沢山ある事だと思います。在学生の時から勤めている先輩から病院の情報収集をして交流をもっておくことも良い事でしょう。

また、勤めながら、ある時は今の職場を辞めたいと思う事もあるでしょう。

しかし、何事も石の上も三年です。三年から五年以上勤め、次の転職先を決めて内定をもらって辞める事です。
また、その間にお金を貯めておいて、大学院へ行き、研究職をしたいならば、研究職につき、大学教員になるのもいいでしょう。

あるいは、夜勤のない所へ移りたいのなら、クリニックや診療所、入院設備のない病院へ行く事です。

その厳しい勤務の3~5年間の間に注射や点滴などができるようにマスターしておく事が大切です。

なぜなら、診療所やクリニックや入院設備のない病院では看護師の人数配置が少ないので、自分が患者に注射や点滴などをする回数が多いからです。
何事も楽な職場はありません。

でも、比較的に自分が働きやすい職場を見つけられるように、日常からアンテナをはっておく事が重要でしょう。

以上、私が考える新卒看護師の病院の選びを述べさせてもらいました。

(看護師として勤務経験のある方から頂いた記事です)

当サイト人気の記事です↓

看護師転職、看護師バイト探し便利な転職サイト

★看護師短期・単発バイト探しなら★

MCナースネット

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

看護師バイトにも強いのが特徴。転職から派遣まで幅広くその時のライフスタイルに合わせて求人紹介をしてくれます。
単発バイトにも強いので、1日だけ働きたい、都合の良い日だけ働きたい看護師さんは特に便利です。
全国対応

★看護師転職なら★

マイナビ看護師

マイナビ看護師

全国の看護師さんの転職をサポート、業界トップクラスの看護師求人数
急性期、慢性期、クリニック、訪問看護、介護施設、企業の看護師求人など。離職率の低さにこだわって転職先を紹介。利用者満足度は非常に高いです。
全国対応

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ