看護師の腰痛対策

看護師の多くは腰痛持ち!と言われます。

実に、6,7割の看護師さんが腰痛を持っていると言われ、職業病とも言われます。

腰痛って他の職業にも多くて、厚生労働省も「職場における腰痛予防対策指針」を出すくらい多いんです。
腰痛が元で仕事が出来なくなったり、休まざるを得なかったり、事故を引き起こしたりと、症状が悪化すると大変な事になる可能性もあります。

ちなみに、急性期病院で働く看護師の「約7割が腰痛を抱えている」という調査結果があります。

http://www.joint-kaigo.com/social/pg160.htmlより

実際に腰痛を理由に仕事を休んだ方も9%、ということだそうです。

体位変換、清拭、車イスへの移動介助も腰に負担がかかりますし、入浴介助も大変腰にきますよね。

病棟看護師の方が負担は大きいでしょう。

電動ベッドが増えてきていますから、前よりは楽になったかもしれませんが、それでも日々の看護業務の中で腰痛になる要因はとてもたくさんあります。

腰痛対策

腰痛対策として、多いのがコルセットや腰痛ベルト。

コルセットが腰痛対策には一番良い、という声が多いですね。
あなたは今までに行った腰痛対策では、何が最も効果があったでしょうか?

トコちゃんベルトをされている看護師さんも多いです。
妊婦さん、出産後にするのが目的のトコちゃんベルトですが、腰痛対策にも使う事が出来ますね。
看護師さんであれば、多くの方がご存じかと思いますが、病院によってはあまり知られていない事もあるようなので、記しておきます。

トコちゃんベルトは楽天市場でも安く購入できます

他には、痛み止めの注射を使って仕事をしたことがある看護師さんも以外と多いと言います。

腰痛は今の職場にいれば、ずっと付き合っていかなければなりません。

しかし、症状が酷くなって退職される方もいるのが現実です。(数は少ないとは思いますが)

ですから、症状があまりにひどくなって来た場合には、腰に負担がかからない職場(あれば、ですが・・・)異動させてもらったり、病院自体をもっと腰が楽な職場へと変える、転職するという道もあります。

腰痛で歩けなくなることもありますから、ご自身の腰の痛みはよく把握しておく必要がありそうですね。

当サイト人気の記事です↓

看護師転職、看護師バイト探し便利な転職サイト

★看護師短期・単発バイト探しなら★

MCナースネット

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

看護師バイトにも強いのが特徴。転職から派遣まで幅広くその時のライフスタイルに合わせて求人紹介をしてくれます。
単発バイトにも強いので、1日だけ働きたい、都合の良い日だけ働きたい看護師さんは特に便利です。
全国対応

★看護師転職なら★

マイナビ看護師

マイナビ看護師

全国の看護師さんの転職をサポート、業界トップクラスの看護師求人数
急性期、慢性期、クリニック、訪問看護、介護施設、企業の看護師求人など。離職率の低さにこだわって転職先を紹介。利用者満足度は非常に高いです。
全国対応

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ